東日本合宿免許一覧情報
東日本合宿免許一覧情報

用途に合った運転免許を取得しよう!

四輪自動車の運転に必要な免許とは

これから運転免許を取得しようと考えている方は、そもそもどんな運転免許があるのかを把握しましょう。旅行やドライブなどの遠出はもちろん、種類を選べば仕事にも有効活用することが可能です。まず、ごく一般的な自動車を運転する免許は「普通免許(普通自動車免許)」と呼ばれます。街乗りや遠出にはこちらの免許があれば十分です。軽自動車や一般的な自動車はこちらで問題なく運転できます。また、普通免許を取得すれば原付(原動機付自転車)も運転できるようになります。次に、「中型免許」です。車両総重量5,000kg以上11,000kg未満、最大積載量3,000kg以上6,500kg未満、乗車定員11人以上29人以下の中型自動車を運転できるようになります。街中で見かける4トントラックやマイクロバスなど、人や物を運ぶ中型の車両はこちらの免許で運転が可能です。「大型免許」ではさらにスケールの大きい車両を運転することができるようになります。車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車人員30人以上のいずれかを超える自動車という定義ですが、一般的に、トレーラーや長距離観光バスなどの大型自動車を運転する際に必要です。

二輪車、特殊車両の運転に必要な免許とは

"二輪車の運転には別途「二輪免許」の取得が必要となります。二輪免許には主に、「普通二輪免許」、「大型二輪免許」の二種類があります。大型二輪免許では排気量を問わず二輪車の運転が可能ですが、普通二輪免許では、排気量に400cc以下という制限がかかります。ビッグスクーターなどのいわゆる普通自動二輪車は普通二輪免許で運転可能ですが、ツーリングなどで大きなバイクの運転そのものを楽しみたいという方は大型二輪免許の取得が必要となるわけです。 次に、「特殊免許」について説明します。特殊免許にも「小型特殊免許」、「大型特殊免許」の二種類があります。どちらも業務用の大きな車両を運転するために必要となる免許です。業務用車両ですので、移動を目的とした自動車ではなく、お仕事用の車両が運転の対象となります。運転する車種によって必要な免許は異なりますが、例えば、小型特殊車両には、倉庫などで活躍するフォークリフトや農業用のトラクター、コンバイン、田植え機などがあります。積雪地方には欠かせない除雪車の使用にも小型特殊免許が必要です。一方、大型特殊免許では工事現場で目にするブルドーザーやショベルカー、クレーン車など、重機と呼ばれるような車両の運転が可能になります。"

必要に応じて、取得する免許の種類を考えましょう!

このように、一言で運転免許と言っても、様々な種類の免許が存在します。街中で自動車を運転するイメージをお持ちの方は普通免許や二輪免許の取得を考えているかもしれませんが、特殊免許のように、移動以外の目的で取得できる免許も存在します。必要に応じて免許の取得を検討されてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る